研究費助成、研究留学費助成、国際学会開催助成を自然科学の幅広い分野に行う公益財団法人山田科学振興財団
トップページ|公益財団法人 山田科学振興財団財団概要|公益財団法人 山田科学振興財団事業内容|公益財団法人 山田科学振興財団募集一覧|公益財団法人 山田科学振興財団過去の実績|公益財団法人 山田科学振興財団よくある質問|公益財団法人 山田科学振興財団

募集一覧メニュー 助成金・補助金一覧 財団ニュース 公益財団法人山田科学振興財団 設立40周年記念講演会

公益財団法人山田科学振興財団 研究交歓会

公益財団法人山田科学振興財団 義捐金ぼしゅうについて
公益財団法人山田科学振興財団
事業内容

山田コンファレンス 趣意

 山田科学振興財団は故山田輝郎氏の好意によって1977年2月に大阪で設立されました。山田氏は日本の伝統ある製薬会社、ロ−ト製薬(株)の社長でした。彼は創造、自由でとらわれない、基礎研究が将来の人類の福祉と繁栄のために不可欠であると信じ、その推進が必要であることを深く考えていました。それゆえにこの財団の基金は彼の私財から寄付されました。
 山田科学振興財団の基本事業は、特に確立された分野との橋掛けとなる学際的分野の基礎自然科学における独創的な研究に財政的援助を行うことです。  国際的協力関係を促進する事業もまた、大事な事業です。
 科学者の派遣、来日の援助や国際会議を奨励することによって、この財団は国内のみならず、グロ−バルな立場からも科学のさらなる進歩に貢献することになります。
 このような趣旨に基づいて、山田科学振興財団は日本で1年に1回、あるいは2回の国際山田コンファレンスを主催します。
 財団によって選出されるコンファレンステ−マは、最も時宜を得た、また関心の高いものであらねばなりません。これらの集会はそれぞれの分野における前進(進展)を有意に促進させるための高度な国際基準となるようにします。

 

山田シンポジウム 趣意

 山田科学振興財団は自然科学の基礎分野における研究、特に学際的な研究分野の発展に資することに盡力してきました。最も重要な事業は、1977年の財団設立以来実施されてきた山田コンファレンスといわれる国際集会シリ−ズです。この集会は現時点での研究における最先端の研究報告を実施することを目的としています。
 一方、山田シンポジウムの目的は、次世代を担うYoung Researcherに広い視野と先見を与え、同時にSenior Researcher にも研究の将来への新しい動きを感得させることです。そのために自然科学の基礎分野において重要で、かつ発展が望まれるテ−マについて、研究活動の中核を担っているSenior ResearcherとYoung Researcherとが一堂に会して対話、議論を通じて相互の親睦を図り、今後の研究活動と研究協力関係を導く集会です。
 従って集会の内容は、基礎科学について通常の集会ではカバーされない広い分野に亘っての最新の研究現状と展望を与える基調講演と最近の研究成果についての招待講演およびそれらに続く討論から構成されますが、とくに参加者間の対話と親睦を促す場として、Senior ResearcherとYoung Researcherによる将来展望についての討論を重視します。
 新しいスコ−プをもつ山田シンポジウムが自然科学、それ自身が有する推進力によって自然科学の発展に寄与することを願うものです。

ページ先頭へ